Eclipseは、オフィシャルからダウンロードしてインストールしても良いのですが、今回はパッケージでインストールしてみた。Ubuntu左上の「アプリケーション」から「追加と削除…」を選択。んで、右上の表示プルダウンを「全てのオープンソースアプリケーション」を選びます。そうすると、左メニューの「プログラミング」を選ぶと、右にEclipseが出てきます。これで追加をします。

次に日本語化。パッケージからインストールされて、features、pluginsは

/usr/lib/eclipse
/usr/local/lib/eclipse

の二つがあるけど、パーミッションから考えて後者でしょう。ま、結局パーミッションをあけないといけないのですが。パッケージでインストールされるEclipseは3.2だったので、3.2の日本語化手順を行います。今回はLinuxなのでWindows用ではなくLinux用のをダウンロードします。

で、解凍したものを、/usr/local/lib/eclipseのfeaturesとpluginsにそれぞれ置きます。で、再びEclipseを立ち上げれば、無事日本語化成功!!
ということで、次回はAndroidのSDKをインストールします。