Linux上でswf生成が必要で、いろいろ調べたんだけど、mingは開発が止まってしまっているようなので、それよりは進捗しているであろう、swftoolsを使うことに。

SWFTOOLS
http://www.swftools.org/

この辺とかも参考にしました。mingを流用というか、参考にしているみたいですね。
http://auicon.freeownhost.com/blog/blosxom.cgi/2005/10/07#swfdef
http://akihiro.jugem.jp/?eid=175

OSは、CentOS 4.6。CentOS 5系にしなかったのは、本番運用を想定しているのが、4系なので。ま、今回はswftoolsが使えるかどうかのテストみたいなもんだからね。

で、freetype, jpeglibが必要みたい。jpeglibは、libjpegで良いのかな。これは、すでにインストール済みだった。ただ、develパッケージはそれぞれ入っていなかったようなので、入れる。

yum install libjpeg-devel
yum install freetype-devel

で、swftoolsのソースをダウンロードしてコンパイルする。今回は、バージョン0.8.1を入れました。

[root@labs src]# pwd
/usr/local/src
[root@labs src]# cp ~double_k/swftools/swftools-0.8.1.tar.gz .
[root@labs src]# tar zxvf swftools-0.8.1.tar.gz
[root@labs src]# cd swftools-0.8.1
[root@labs swftools-0.8.1]# ./configure
[root@labs swftools-0.8.1]# make
[root@labs swftools-0.8.1]# make install

とりあえず、コンパイルできたみたいなので、サンプルを作ってみる。ドキュメントの一番シンプルなやつで。
http://www.swftools.org/swfc/swfc.html

[double_k@labs sample]$ which swfc
/usr/local/bin/swfc
[double_k@labs sample]$ swfc sample1.sc
[double_k@labs sample]$ ls
box.swf sample1.sc
[double_k@labs sample]$ ls -l
合計 8
-rw-r–r– 1 double_k double_k 1841 1月 26 19:05 box.swf
-rw-r–r– 1 double_k double_k 206 1月 26 19:04 sample1.sc

無事、生成できました。PCのブラウザでも再生できました。で、とりあえずこれが携帯で再生できるかを確認。ここからが本題だからね。

検証機種は、DoCoMo P905i, SoftBank 705NK, SoftBank 904SHの3つ。で、P905iはさすがにFlash Lite 3なのでそのまま再生しました。後の二つはダメだった。まぁもっとも705NKは特殊だから、良くわからん。(705NKはFlash Lite 2だと思っていたんだけどね。)

でもまぁ、コンパイルできたし、これで調整する気力がわいてきました。