図書館本書評第八回目は、大沢在昌の「雪蛍」。前回読んだ標的走路で佐久間公シリーズというのがあるというのを知ったので、これを手に取ってみたのですが、えーと標的走路からこの雪蛍の間に、結構あるみたいでずいぶんすっとばしました。結構大失敗。それでもまぁ、全然読めました。

ミステリーとして、「おぉそうきたか」っていう感じはあんまりなかったのですが、ヤクザに脅されたりとか、大物と退治するところとか、緊張感はやっぱり伝わってきますね。でも、ちょっと長いかなぁと思ったり。

あとは、家族愛みたいのがテーマなんですかね。取り戻した方と取り戻せなかった方と。(片方取り戻せなかったんですよね?)

とりあえず、また佐久間公シリーズは読みます。