図書館本書評第九回目は、山田風太郎の「柳生忍法帖(上)」です。

正直、ちょっと迷いました。バジリスク ~甲賀忍法帖~をマンガや映画ですでに見ていたので、「あー、ああいうグロイ感じなのかなぁ」と。まぁ、確かにそうなんでしょけど、小説だから割と平気だな、不思議なことに。

それよりも何よりも、柳生十兵衛がカッコいい。と素直に言える。小説読み終わったら、マンガも読んでみたくなった。

あ、あとエロシーンもなかなか。とりあえず、下巻が楽しみです。