図書館本書評第十一回目は、東野圭吾の「トキオ」です。東野圭吾という作家は、もちろん知っていましたが、ドラマ「ガリレオ」で俄然興味がわきました。で、とりあえず図書館にあった「トキオ」という本を読んでみようと。

読み始めたら、なんかしらないけど、どんどん読める。なんじゃこれ。登場人物はそんなに多くないのに、すごい話が膨らんで行くなぁ。基本的にはあり得ないシチュエーションなんだけどね。

んで、最後は思わずウルって来た。とりあえず面白かった、東野圭吾って人の実力は分かった気がする。他も読むぞ。

ところで、やっぱりこれドラマになっているんですね。DVDになっているみたいだから、レンタルできるんだろうけど、どうしようかなぁ。