とうとう単行本になりました、昴の続編、MOONの第1巻です。やっぱり、曽田正人は天才を描くと良いですねぇ。昴は変な感じで終わったというか、なんかね。一応話はちゃんと綱が手いるみたいですけど、なんかすっきりしないよねぇ。

でも、新しいテンションで始まっているので、このまま良い感じで言ってください。実写版なんてどうでも良いですから。(あー、でも見に行くかもなぁ。)