図書館本書評第十三回目は、松岡圭祐の千里眼です。本屋通いが日課な身としては、ずいぶん前からこのタイトルが小説のコーナーにあるので非常に気にはなっていた。

読んでびっくり、いやー、面白い!まぁ、怪しいとはいえ、ギリギリまで敵があれだとは思わないで読んでいたよ。結構厚い本だったけど一気に読めたな。

普通飛行場でエンディングですが、そうじゃなくてその先もやったところが結構新鮮でした。

という事で、続編含めて借りて来ました!