図書館本書評第十四回目は、松岡圭祐の千里眼 ミドリの猿です。前回、千里眼の1作目を呼んだので、2作目。

この本には千里眼って3部作シリーズってなっていて、これが2作目ってことになっているんですが、最初っから3部作って決まっていたんですかね?でもまぁ、これは典型的な3部作の2作目。

もうとにかく何も解決しないんですから。ちゃんと解決した1作目と比べると、それはもう歴然としていますから。面白い、面白くないは面白いんですけど、この2作目だけを評価するってのは難しいんですね。

ということで、3作目、運命の暗示に期待。