「過ぎたるはなお及ばざるが如し」

今回はこの言葉なんだろうねぇ、というかこの作品のテーマなきもします。瀬戸物って名前が出てくるんだな。この辺の詳しい歴史背景をしらないから、面白くて読んでいるんだけど、今回はなんかちょっと難しく感じた。なんでだろう。