図書館本書評第十九回目は、三谷幸喜の「気まずい二人」です。これは、対談集兼戯曲集兼HOW TO本です。

いやー、三谷幸喜の心理状態が良くわかる。そういった意味では、すごく良くできた戯曲集なのかもしれません。あとがきでもそう書いているもんね。

しゃべりベタな自分としては、HOW TO本としても使わせていただきます。それにしても、やっぱり電車で読んでいると、クスって笑ってしまいます。