Archive for 4月 25th, 2008

GIANT KILLING (5)

1巻から4巻までを大人買いして読んだ時の感想は、「お、これはこの後から盛り上がってくる」っていう感想でした。下地万全という感じで。

で、5巻ですよ。やっぱり盛り上がった。勝った試合だからっていうのもあるけど、そこにたどり着くための作り方が分かりやすかった。「相性」で済ませてみたら、違う視点(本人)にはちゃんと根拠があるとか。次巻も楽しみ。

Tags:

仮面ライダー SPIRITS (14)

村枝賢一が、仮面ライダー好きだってのを知ったのは、作者の情報というよりも、作家仲間の河合克敏のモンキーターンの4コマでそれを知ったと記憶している。ちなみに、村枝賢一は、俺フィーでがっつりはまった。(いまだに俺の中では、最強のサッカーチームはリザーブドックスです。)

で、その村枝賢一が仮面ライダーを描くということで、ずっと単行本買っているんだけど、結構難解な気がしているのは俺だけ?あれかな、前の巻との間が空いてしまうから、忘れているっていうだけかも。

Tags: , ,

華麗なる食卓 28

カバーめくって、「あれ?片ヶ瀬美麗じゃないのか。」って思った人、素直に手を挙げなさい。俺はそうだった。w

これでやっと予選リーグ終了ってことで。やっぱり優勝するまでには40巻は最低でも行くよなぁ。ま、それはそれで楽しみ。ちなみに、この巻の結維の祖父母の所に行った話よりも、宇童の話をもうすこしやってあげれば良かったのにと思った。もしくは、結維の話もこれくらい簡単に。

あと、スタンガンってこうやって実験するってすごいなと素直に思ったよ。

Tags: ,

ストレンヂア

おー、面白い。あんまりグロく無いのがいい感じ。
あと、飛丸(ワンコ)がかわいい。

バトーとトグサは逆だと思っていた。
竹中直人の役が、善人すぎなかったのはちょっと意外だし、良かったと思う。
ジャニーズの二人はあんまりジャニーズっぽく無かったのは良いことだ。(逆に言えば必要だったのだろうか?と考えてしまう。)

でもさ、よく考えてみると、日本人は全部やられて、欧米人の対決だよね。w

Tags:

ルパン三世 GREEN vs RED

えーと、最初はちょっといい感じだったんだけど、途中から時間軸とかよく分からなくなって、なんだかよくわからない作品になった。

主題歌がカリオストロのやつだったりとか、緑と赤の対決っていう企画はよいと思うんだけど、微妙すぎました。これなら、普通の作品の方が良いと思うんだけど。

Tags:

グルーヴ17

図書館本書評第二十三回目は、戸梶圭太の「グルーヴ17」です。図書館でジャケ買いというか、表紙借りしました。

うーん、こういう中高生の妄想って今でもする。ただ、けんか系はしないな。逆にそれが正直途中で読むのやめようかなぁと思う原因でもあった。

地域が所沢、池袋となじみある場所ばっかりだったのが妙にリアリティを感じていた。内容は今時の高校生っぽいなぁと思った。携帯小説だったみたいだけど、人気あったのかな?

ここで描かれていることは、大なり小なり今でも行われていて、しかもそれは最近の話ではなく、俺の高校生時代や、それよりももっと前からも大してかわらなかったのではと思う。ただ、使われている物が違うのと、人それぞれ立場が違うということなんだろうねぇ。

二日で読んでしまったということは、読みやすかったのかもしれないけど、個人的には好きじゃないので微妙な満足度。

Tags: , , , , ,