図書館本書評第二十四回目は、矢作俊彦の「ららら科學の子 」です。これも図書館でジャケ買いというか、表紙借りしました。

分厚かったので読むの苦労しました。うーん、ここまで長くする必要あったのかなぁ。半分で良かったんじゃないかい?この長さにするなら、もっと早く中国に戻って、もう一回帰ってくるまでを加えても良かったような。そういうわけで、オチも弱かったと思った。