図書館本書評第二十五回目は、東野圭吾の「名探偵の掟」です。なんとなく、ミステリーものを読んでみたくなったので借りました。

うーん、ぜんぜん面白くない。小説に出ている人たちが、さも小説世界で演じている役者のように話をするのですが、ちっとも面白くない。

推理小説部分がつまらないし、オチが毎度結構微妙。しかも、短編集だからその仕組みをうまく使って一冊分話が続くのかと思ったけど、そうでもない。

しかも、著者の言葉とかがこの内容なのに妙に高飛車だし、裏表紙も「必読」とか書いてあるし。残念な一冊でした。

Tags: , , ,