見てよかった。映画ってより、どうしてもドキュメンタリーなんだけど、それでもマイケルジャクソンのこだわりと、それを支える周りのプロフェッショナルに感動し、考えさせられた。

途中から明らかに仕事について考えながら見てしまったし、なんかすごく緊張しながら見ている自分がいました。

ブルーレイでこれは買いたいし、マイケルのPVや、ライブの映像は欲しいな。そういえば、パンフとか、無いんだね。ちと、残念だけど、よくこれだけ短期間で映像にしたな。

ミーハー的には、ダンサー陣の踊りや、女性のギタリストがカッコよかった。

マイケルジャクソンは個人的には、アルバムを買ったりはしていなかったけど、スリラーのPVをテレビでやっていて、釘付けに、なったのは覚えている。たぶんそこからだと思う、音楽PVが好きになったのは。

完成したライブは見て見たかったのは、紛れもない事実だし、新しいマイケルの作品がもう見られないのは残念だ。けど、最期にTHIS IS ITを見られたのは、良かった。