千里眼シリーズでしられる、松岡圭祐の「マジシャン」を読みました。安定していて、面白いんだけど、マジックの説明がどうしても見た目じゃないから、分かりづらかったなぁ。とはいえ、マジックが手段としても心理的にも使われるあたりが、素材としてうまかった。

オチは、どっちがよかったかなぁ。まぁ、この形が定番かな。