Archive for 1月 24th, 2010

映画 アバター 感想

さて、先日諸般の事情があり、有給をもらいました。でもその用事は午前中に終わったので、午後は川崎までいって、IMAX版の映画アバターを観てきました。ちなみに、午前中の用事が品川だったので、川崎までは東海道線で一駅10分程度。(もっとかかるのかと思っていた。一駅だと知らなかった。)

さて、アバターですが、良くも悪くも「ハリウッド大作」です。金のかかりかたも半端じゃないけど、ストーリーもハリウッド大作の定番です。まぁ、川崎のIMAX版で必ず見なければいけないとは言わないけど、間違いなく映画館でみる映画です。できるなら、3Dで。

逆に、DVDで待つのはやめた方が良い。でかいスクリーンの迫力があってこその映画なので、DVDで観ても、3時間はちょっとかったるい。ぶっちゃけですね、その日の用事が朝早かったこともあって、前半で寝たところがありました。

でもまぁ、絵の出来はやっぱりすごいですね。ハリウッド大作はこういう映画をつくるべきです。新しい時代を感じ、またそれとあわせて映画は映像だけではないということもしっかりと感じました。

うーん、なんか書いていると少し批判ぽくなってしまうな。そんなに批判するつもりはないんだけどなぁ。

Tags: ,

マンガ ちはやふる 感想 (一気読み)

最近、たいした感想も書けないのに、なんか、本や映画やマンガをよく読み書きしている気がする。図書館とか本屋に行くと、あれもこれもという気になる。で、「マンガがあればいーのだ」のようなサイトでこういう特集があっても、なかなか買うわけにもいかない。んでも、最近はTUTAYAのマンガレンタルがあるので、これで気になるものも借りられる。

で、その中ですごく気になっていたのが「ちはやふる」です。まぁ、少女漫画にはいってしまうのでそりゃ買えないです。でも、マンガレンタルしてみました。

うん、こりゃ面白い。あれだね、主人公が男と女と違うけど、中のあまり良くなかった男子どうしがあるきっかけで、仲良くなり女子と3人で進んで行くっていうのは、カペタに似ています。あー、そういえばノブはどうなったんだろうか。

閑話休題。小学生編が終わり、高校生編がはじまり、団体戦での話の盛り上げ方とか、脇のキャラの扱い方とか、マンガとして完成度が確かに高いです。絵はめっちゃ少女漫画ですが、まぁ男でも面白いと思うマンガでした。恋愛要素も少しずつあるけど、それでも少女漫画として考えたら少なめだね。

Tags: ,

crossreview始めました。

ファミ通とかで、一つのゲームに対して、何人かで点数付けをしていますが、あれをネットで出来るサイト、「crossreview」を始めました。まぁ、ここでも結構感想を書いているけど、それを専用のサイトでもやってみようかなと。あ、ブログパーツもあるから、とりあえず貼ってみるか。本当は、サイドバーにつけるべきなんだけど。

にしても、ここってインプット側のAPIとか無いのかな。今はできないけど、iPhoneアプリ勉強がてら、作ってみたいとちょっと思った。あー、そろそろIntelMacを買って、そういう勉強もしたい。

Tags: ,