こないだ、マジシャンを借りて読んだ時から、その次にこれを借りて読むと決めていました。というころで、小説 イリュージョンです。

うーん、前回と比べると今回の犯人の過去をずっと書いているので、ちょっとなぁ。最初の書き出しからもっとすごいトリックが行われているのかと思ったら、そうでもないんだもん。でも、「すごくない」のがマジシャンっていうテーマなのかもしれない。実際、マジックでは騙されているわけだし。

そういう意味では、ちょっと長いかもしれないなぁ。

オチの方向は、なんだかなっていう気もするけど、続編である以上、こういう感じかな。