伊坂幸太郎祭りで、アヒルと鴨のコインロッカーのDVDを借りようとツタヤに行ったら、つい「ミンボーの女」も手にとってしまった。なんか、無性に見たくなったんですよね。

テーマが決まっていて、どストレートなので、展開が早かった気がする。にしても、何度か見ているし、展開も分かっているけど面白かった。92年の公開だから、今から18年も前か。

昔の映画は、チョイ役で今は大物が出ていたりするからそういうのを探すのも面白い。柳葉敏郎がヤクザの鉄砲玉役だし、三宅裕司も100万ドルの笑顔の男とかだし。櫻井淳子 が支配人の娘役なんて、全然分からなかった。あとは、朝岡実嶺とかも出ていたなぁ。
あ、アヒルと鴨のコインロッカーは借りてはいるので、木曜日あたりに見ようかな。