犬の力の後に、やはり会社の同僚の方にお借りしました。木下半太の小説です。今回は行間も少なく、ボリュームも少なめだったので、非常に読みやすい。

展開は、表裏あり、展開が実に面白い。少々最後の方が強引だった気もしなくもないけど、でもまぁこれくらいは許容範囲ですね。

んで、これ映画になっているんだね。公開は終わっているので、DVD借りようかねぇ。あ、テレビでもやったんだ。