久しぶりに図書館で本をかりました。しばらく、借りた本とかを読んでいたってのが大きいかな。

で、図書館にいったら東野圭吾の「容疑者Xの献身」があったので、借りました。映画は既に観ています。ブログ上には残念ながら感想が残っていませんが、主演:堤真一、ヒロイン:松雪泰子。っていう映画だったような思いです。面白かったのは事実。

でも、映画の感想通りで、これはどちらかというと割と小説に忠実な感じで好感が持てています。すでに映画を観ていたにも関わらず、同じようにアリバイの日付でだまされていました。(俺がアホなだけ。)

映画を既に観ていたから、キャラが映画のキャラで浮かんできてしまうんだけど、そうするとちょっと堤真一は、カッコいいかもね。

あー、全然小説の感想になっていない。ガリレオシリーズを読んでみたくなる作品でした。