女流作家シリーズ第二弾は、山崎ナオコーラの「人のセックスを笑うな」です。ほとんどタイトルで借りました。これって、映画になっているよね。

読んでみたけど、なんだろうタイトル一発で、中身はうーん、これといった面白い展開も無かった感じの恋愛模様。これを、面白い展開も無いっていう感想をしてはいけないのだろうか。

映画は、なかなか豪華キャストだな。ちょっとDVD借りてみたくなりました。