クジラの彼を読み終え、そのまま借りていた有川浩の「自衛隊3部作」のまず最初の「塩の街」を読み始めました。

いや、何この面白いのは。 ジャンルはSFなんだろうけど、基本設定が日本で自衛隊だから、すごく読みやすかった。本当に、面白くて、なんどか通勤中に電車を降り忘れそうになりました。

塩害っていうシチュエーションがうまいなぁと思ったし、とりあえずメインの人からは話が始まらないのもちょっと面白かった。

完璧に有川浩にハマりました。この自衛隊三部作は確実に読みたいし、図書館戦争も最初から読み直そう。