前回からだいぶ時間がかかってしまいましたが、有川浩の空の中です。自衛隊三部作と呼ばれる作品の二作目、空の中です。前作は「塩の街」です。全体で言えば、面白かったのは間違いないです。でも、今回は読むのに時間がかかってしまいました。

まずは、その導入部。ようするに、今回の敵(?)となるキャラが出てくるんですけど、その片方が妙に気持ち悪い描写で、 そこで少し読むのに微妙なためらいがあったのは事実です。でも、全部読み終わって改めて考えてみると、最終的にはそこじゃないってことが分かりました。

少なくともここまで何冊か有川浩の作品を読んでいますが、今回、特に「自衛隊三部作」として期待して読んでいたのですが、あまりそれが関係ない作品だと思います。というのも、今回の敵が「しゃべる」あまり、結局のところそれとのやり取りがメインになってしまい、組織的な戦いとかもちょっと違う。また、どうしてもその敵とのやり取りがメインなので、ラブコメ部分はどうしても時々になりがち。なので、期待した面白みじゃないのかなぁと。

普通に作品としては面白いのは間違いないのですけどね。有川浩の作品として期待すると、ちょっと違うのかもなぁと。ということで、海の底へ行こうと思います。