会社の同僚が貸してくれて見ました。これ、映画館で見ていたら、怒っていたと思う。中身を何も知らないで、これを買っていたら、もっと怒っていた。(値段的に)。

作品の善し悪しではなく、パッケージとかプロモーションの問題。普通の人はこの作品を見るときは「ドラマ」を見たいのであって、「教育テレビ」が見たいんじゃない。でも、パッケージなどはこれが教育テレビであっても問題が無いような文言の表現しかしておらず、しかも絵はドラマ風のみ。

バカボンドを読んでいた事もあり、作品自体は「ふむふむ」と思って見ていてすごく面白かったです。