久しぶりの映画館引きこもり。一本目は、十三人の刺客。昔の映画のリメイクなんですけど、監督が三池監督。グロいところかあるだろうなぁと思ったらやっぱりその通り。特に前半は結構きついです。

映画はスマップゴローちゃん演ずる残忍なお殿様がこのまま老中になってしまっては大変という事で、殺してくれってなるんですけど、ちゃんとそれを阻止しようと言う部下もいます。つまりは、どっちも仕えた親方のために、武士としてってのがベース。

キャスティングはなかなか豪華。十三人の刺客の中も結構実力派な若手が多くていい感じでした。とはいえ、やっぱりチャンバラシーンでは松方弘樹。途中途中の、ドヤ顔でつい笑ってしまいます。

三池監督だから時々笑えない逆とかあるんですけど、やっぱりそこはそのままでしたね。見ている人が割とご年配の方が多かったけど、どんな印象だったのかなぁ。悪くないけど、そんなにおすすめっていう訳でもないですね。