三本目、2001年宇宙の旅です。時々過去の名作がスクリーンでやる事がありますが、今回はよく行くユナイテッドシネマ としまえんでやっていたし、見た事無かったので鑑賞しました。

すいません、スタンリー・キューブリック監督。たぶん、2/3くらい寝てしまいました。しかも、見終わった後でウィキペディアであらすじとかみたら、俺が見た1/3くらいで話としては十分じゃないですか。
とはいえ、これが1968年、今から40年以上前の作品って考えると映像がすさまじい。下手なCGよりもずっと「リアル」な感じがする。 そういう意味では名作なんだろうけど、何せ長いしついついクラシックのBGMが眠気を誘います。

たぶん、もう一回は見ないだろうなぁ。でも映画館で見れてよかったです。