さて二本目は、本日の本命の一つ。「探偵はBARにいる」です。大泉洋さんのファンとしては、絶対見たい映画ですし、原作も含めて、前評判も上々。率直に見た感想は、大泉洋さんのハマリ役っていう感じですね。シリアス、熱血、お笑いのバランスが丁度いいです。相方の、松田龍平もいい感じですね、トボけた感じを好演しています。

なんとなくですが、映画っていう感じの作品です。2時間できっちり完結するし、主役、脇役、ヒロインとはっきりしているし。でも、公開されたばっかりなのに、ユナイテッド・シネマでのスクリーンサイズが小さかったんですよね。

確かに、何かものすごい特徴的なインパクトがあるか?って言われると難しいんですよね。感想が妙に書きづらいです。地味なんですよね。とりあえず、興味がある人は見て損はないです。でも、個人的にはDVDとかまでを買ってしまうか?と言われると、買わないなぁ。

あ、そういえば悪役の高嶋政伸が途中まで誰だろう?ってずっと思っていました。スタッフロールでやっとわかった感じです。原作はシリーズ化しているのですが、映画もシリーズ化するみたいで、とりあえずもう一作作るみたいなので、楽しみでもあり、不安でもあります。うーん、なんかめちゃくちゃな文章だ。