裏本命だった、映画デー最後の5本目、モテキ。結論から言うと、もういっかい見たくなる、良いエンタテインメント作品。

単純に女優陣が豪華なので、それだけで観に行く価値があります。ただ、真木よう子、仲里依紗ファンにはちと物足りないかも。逆に、長澤まさみ、麻生久美子ファンにはたまりません。

個人的には、麻生久美子が演じた枡本留未子みたいな人が好みではあります。役柄含めて、麻生久美子は、古くは「RED SHADOW 赤影」とか最近だと「シーサイドモーテル」とか作品以上にいいなと思うことが多いです。

しかし、今回はなんといっても、長澤まさみですよ。多くの男性諸君がヤラレルと思います。「殺しの笑顔をもつ女」と役についているのですが、間違いないです。口移しで水を飲まされて「おいしい?」とか言われてみ?誰だってやられるって。

そもそもシチュエーションが「ニュースサイト・ナタリー」を舞台にしているってのもこの作品にあっているし、面白い。各所で映像的にもうまく取れているし、音楽と融合しているのも。Perfumeが出てきた時は、「おぉ!」って声にだしてしまいましたから。

同性同士で見に行くと、観終わった後に話題に欠かない作品だと思います。男は男で面白いと思うし、女性同士はいろいろ言いたいこともあるのではと思いますね。男子は一人で観に行ってニタニタしましょう。なのでカップルのデートムービーか?って言われると、微妙な気がします。