三本目は、「図書館戦争」です。まさに図書館でこの本を借りて読みました。その後、アニメとか最近は漫画にもなったみたいですけど、とうとう実写映画化。雑誌のダビンチで、実写化するなら誰がいい?というキャスティングの1位同士だったらしいです。

アニメは、YouTubeで公式に見ることができるので、そちらもぜひ。)

確かに、このキャスティングを見て、基本的にはベストだなと。まぁ、小牧だけがね、ちょっとどうかなぁとか思ったりもしますけど。アニメを見ている影響が少し大きいかな。もうちょっと笠原の榮倉奈々にコメディっぽいリアクションして欲しいと思ったりとかもしたけど。あとは、柴崎がというか、栗山千明がなんかいいキャラだなぁ。

もう少し「ニタニタ」の恋愛要素があって良かったのでは?と思うほど、戦闘シーンが派手で凝っています。やっぱり、有川浩作品だから、自衛隊とか協力したのかな。とにかくその視点で見ても迫力があって面白かった。堂上役の岡田准一のアクションもさすがだ。続編ありそうだな。