久しぶりに、普通に人に勧められる映画だ。これは、率直にヒットして欲しい。もう、キャスティングが最高でした。最近の三谷作品っぽく、登場人物多めで、とっちらかるかと思ったけど、監督自身が「コメディは作らなかった」といい、史実であることから、とっちらかることもありませんでした。(ちなみに、ザ・マジックアワーで、うーん、と思ってしまって、ステキな金縛りは見ていないです。)

役所広司は、柴田勝家にしか見えなかったし、小日向文世は、丹羽長秀だったし、何よりも大泉洋が、最高の羽柴秀吉でした。「あぁ、こういうイメージであって欲しい」っていうキャラクターでした。しばらく、これ以上の秀吉は出ないでしょ。

それ以外も、中谷美紀が普段のイメージと違って、はっちゃけていて、良かったなぁ。鈴木京香のお市の方もいい感じだった。作品中の笑いも、ほどほどっていうか、自然な面白さで素直に笑えた。

これは、観て損はないと思います。イケメンの戦国モノではないけど、戦国モノのキャラが生きています。