図書館本書評第三十一回目は、春風亭昇太の「楽に生きるのも、楽じゃない」です。春風亭昇太は、好きな落語家さんの一人です。といっても、すごく落語に精通しているわけじゃないんですが。正直に言えば、終わりまで読み終わらずに返却期限が来て返してしまいました。ごめんなさい。でも、割と後半まで読みました。

春風亭昇太は、無駄にオーバーアクションの落語が分かりやすくて、楽しいのですが、やっぱり本ではちょっと違いますね。割と若い頃に書いた作品なので、今書くともっと面白いかもしれないです。

Tags: