Posts Tagged アクション

ボーン・アイデンティティー

うえ、これってリメイクなんだ、知らなかった。ボーン・アイデンティティー は映画公開時に気になっていたけど、結局見に行かず、そのままこの後の2部も見ていなかったので、DVDでこの最初をみた。

正直「地味」だなぁと思った。それでも、アクションシーン(格闘シーン)がすごくいい出来なので、飽きるということは無かった。ただ、例えばミッションインポッシブルとかと比べると、絵は地味。でもストーリーが良かったから、悪くないです。

ということで、残り二つも見るかな。

Tags: , , , , , ,

6ステイン

さーて、初の図書館書評です。図書館書評って変な表現だな。図書館で借りた本の書評ですから。基本的には、ネタバレをしないように書いてみます。第一回は、福井晴敏の「6ステイン」です。

福井晴敏 初の短編小説集ということでした。テンポよく読めるという意味では、長編小説よりも読みやすかったので、第一回目の題材としては結果的に最適だったかな。ただ、短編小説ではありますが、一応共通のテーマというか、背景、キーワードがあって、短編ではありますが読んでいて、どんどん次の作品を読みたくなります。

福井晴敏は、『終戦のローレライ』『戦国自衛隊1549』『亡国のイージス』と、映画の原作で名前は知っていたので、今回手を取ったのですが、読んでいて映像が浮かびやすかったです。だから、映画の原作に多くなったのかなぁって思いますね。

作品には、「市ヶ谷」「赤坂」といった隠語が随所に出てきます。この隠語が妙に作品を読んでいるものにとって、先にあげた映像を頭にうかばせ、リアリティを作り出します。小説を読んでいて、「面白かった」と思うのは、その小説という世界の中で、妙にちゃんとしたリアリティがあるかどうかだと思います。この作品にはそれがある。

素直に面白かったなぁと思えた作品でした。作品的には男性よりですかね。アクションサスペンスの映画とか好きなら、きっとハマれると思います。


Tags: , , , , , , , , , ,