Posts Tagged スポーツ

レゲエと古本

レゲエなラーメンや、江古田の「ラハメン ヤマン」。やっと行った。とにかく店内や店員、BGMがレゲエです。でも、ラーメンは奇を狙った物ではなく、ちゃんとしたラーメン。今回は普通のつけ麺を食べました。酸味がつよい醤油系タイプだったので、自分のストライクゾーンからは少し外れますが、それでも美味しい。

大盛り無料だったり、意欲的なメニューがあったり、つけ汁のスープ割りをお願いしたときに、ネギを入れてくれたりと、お店として好感がもてたので、また機会があった行こう。

2008060846020080608461

それと、もう一つ。江古田の古本屋「銀のさじ書店」。一見すると普通の本屋さんに見えるけど、中に入ると古本屋だと分かります。

20080608462

で、久しぶりに「あぁ、この古本屋は良い」と思いました。まず店舗がきれいなのが好感持てるのですが、何よりもその品揃えが割と独特。最近古本屋って、どうもBOOK OFFのイメージが強いのですが、BOOK OFFって確かに在庫はいっぱいあるし、100円コーナーとかCDやゲームも扱っているので確かに良いのですが、なんか「発見する喜び」みたいのを感じたことが無いんですよね。ある程度目的を持って行って、ある物を買うという感じに利用しています。(あと、売る目的。)

俺もそこまで古本屋好きということではないですが、この古本屋は神保町の古本屋街にあるようなイメージ。結構ニヤニヤしながら「うわ、こんな物がある」「なつかしー」「むー、欲しいけどちょっと値が」とか思いながら1時間近くうろうろしていました。

具体的に何が違うのかな?って思ったら、「雑誌」が豊富にあるのです。音楽、スポーツ、グラビアといったもの。値段は定価の半値というのが基本みたいなので、決して安い物ではないです。でも、確実にBOOK OFFとかでは扱っていないような物が置いてあって、すごい楽しかった。ちなみに、いわゆるコミックは置いていないです。

そういえば、江古田は日大美術学部や、武蔵野音大とかあって、学生街でもちょっと特殊と言えるので、古本屋も結構あるなと思い返しました。友達が遊びにきたときには、ぜひ連れて行きたい江古田スポットだと思いました。

Tags: , , , , , , , , , ,

アイシールド21 30巻 感想

アイシールド21がとうとう30巻です。マンガでは非常に珍しいアメフトを題材にしていて、個人的には割と好きなスポーツなので読み始めたのですが、連載がこんなに続いて、アニメにゲームにと展開するとは思わなかったなぁ。

アイシールドは、普通にマンガとして面白いと思うし、話の展開がちゃんとジャンプのスポーツマンガの王道っぽい友情や根性(?)とかで展開して行く要素もあったりしています。ただ、単行本には単行本の仕掛けが結構あって、それも割と好きです。

今回の30巻なら、前の29巻で負傷した二人の様子が、カバーを開けた本体の表紙とかに書かれていたりします。あと、目次のところで描かれている、チアの整列しているシーンとかがすごく緊迫感があって、すごく絵がうまいなぁと思います。

ストーリーは、セナがQBをしながら自分のできることを気づき、栗田が新たなリーダーシップを見いだし、ヒル魔が得意のだまし合い(その裏の熱い思い)などなど見所満載。帝黒学園の姿も少しずつ見えてきています。次巻で白秋との決着!!

Tags: , , , , ,

少林少女

あー、本広監督は本当にこれを撮りたかったのだろうか?あ、今調べて失敗したと思った。脚本が、交渉人 真下正義の人じゃないか。ごめんなさいです。

少林少女なんだから、武術がメインって言われても仕方ないが、こういうのは企画物なんだから、少林サッカーみたいな感じで、「少林ラクロス」でも良かったんじゃね。最後のスタッフロールが楽しそうだったもん。

だいたい、なんで一人の凛にみんなが集まるのか?っていう描写がなんもないし。そこ、重要だろ。そういえば、その集まった後も、キャプテン練習していたか?

五重塔みたいのは、死亡遊戯のオマージュだよね?うーん、これも結構微妙だったなぁ。遊びなのか、リアルなのかがよくわからん。映画として、柴咲コウとか、仲村トオルとか、99岡村とか、江口洋介がどんなに個々がんばっても、全体としての評価は微妙だとしか言いようが無いです。

スポーツ寄りにしないのなら、いっそ「クローサー」みたいのにすれば良かったのになぁ。

Tags: , , , , , , ,