Posts Tagged ドラマ

ドラマ ハチワンダイバー 2~5

最初の第一話の感想を書いてから、すっかりご無沙汰してしまいました。ということで、2話から最新の5話まで一気に見ました。

原作も持っているので、それを片手に見ていたのですが、結構将棋を指すシーンの台詞は忠実ですね。もっとも、それを言っている人が、主人公じゃなくて、サンドイッチマンの二人だったりとかはしていますけど。

遊園地のエピソードとかは抜けてしまっているのと、受け師さん状態の時は、あまりに目つきがきついのがちょっと気になるけどまぁ良いか。あ、それからファミレス大食いのエピソードも無かったなぁ。仲里依紗だとそのイメージが難しいからかな?

けどまぁ、おおむね原作の雰囲気を出しているので、割といいと思います。溝端淳平ファンは、こんなキャラだけどどう思っているんだろう?

で、5話でキリノに負けたところまで来ました。6話の予告を見る限りは、再度二こ神の弟子になってというところをやるみたいだから、キリノ再戦まではやるんだろうな。そうすると、澄野とやりあって、「待っていろよ、鬼将会!!」っていう感じで終わるのかな。

そういえば、最新の5話で基本的には必要のない、主人公の隣に住んでいたのが幼馴染だったっていうエピソードが入ったじゃないですか。で、あれでその日の将棋に集中できないっていう原作とは違う展開になるのかと思ったのですが、結局そうはならず原作と同じ。いらないじゃん、これじゃ。(しかも、そのアップの安田美沙子がぜんぜんかわいくないし。)

木下優樹菜は、どうするのかなぁ。ラスボスってことも無いだろうしなぁ。澄野の連絡役とかかな。今のところ鬼将会よりな感じですけど。

将棋ものだから、ドラマにしづらいっていう気もするけど、原作ファンもある程度は楽しめる。ということで、6話以降も見ますよ。

Tags: , , , , , ,

ハチミツとクローバー ~恋に落ちた瞬間~

先日、ちょっと時間調整でマンガ喫茶に入ったときに、とうとう原作を読み終えたので、映画版をみてみました。そう、ハチミツとクローバーです。

しかし

ひょっとしたらドラマよりヒドい?でも、当時完結していなかった原作を約二時間の映画に収めることを考えると仕方ないのか。原作やアニメの雰囲気があるから、普通の映画としての評価も難しいな。感動しなかったし。せめて山田さんのかかと落としは見たかった。

配役はまぁまぁだったけど、主要キャラも結構雰囲気違っていたしなぁ。ちょっと原作に思い入れがある状態で見てしまったのが失敗かな。ま、原作ファンはアニメまでにしておいた方がいいね。

Tags: , , , ,

ドラマ ハチワンダイバー 1

ということで、ドラマ ハチワンダイバーもせっかくだから観たからブログにしよう。

ということで、初回は主にキャラの顔見せですが、アキバの受け師の仲里依紗も良い感じでした。実は、ドラマが発表になったときに「えー、もっと迫力あるグラビアモデルの方が良いんじゃない?」と書きました。でも、やっぱり演技力が必要なキャラだから仲里依紗さんで良かったんだと思います。

仲里依紗 アミューズオフィシャル

そうそう、サンドイッチマンの二人も良い感じです。でも、初回で終わっちゃうのかな。鬼将会のキャラを紹介する的な位置づけになるのかな。安田美沙子と木下優樹菜は、これからどうなるのかなぁ、主人公に惚れたりするのだろうか。オリジナルだけど。

「ダイバー」の表現はまぁ仕方ないのかな。ちょっとちゃちくなってしまうけど。ちなみにドラマだから初回に「ハチワンダイバー」って言葉をだしてきたけど、原作だと1巻の終わりだし、しかもいかにも「ダイブ」するシーンってのは、2巻に入ってからだもんなぁ。

ということで、2回目以降も結構楽しみです。次回は「マムシ」が出てきます。

ドラマ ハチワンダイバー オフィシャル

ところでなんで、新垣結衣が主題歌?っていうことは、いずれ出るんですかねぇ。

Tags: , , , , , , , ,

ハチワンダイバー 7

はい、とういうことでドラマも始まった、ハチワンダイバーです。6巻から比べると早いよね。あれかな、ドラマ公開に合わせた感じなのかな。

ゲーセンのネット将棋編を終えて、とうとう鬼将会の入り口からスタートします。クリスマス受け師さんも良い感じですねぇ。ケーキ一気食い。

それにしても、鬼将会編の絵は迫力があるなぁ。

Tags: , , , ,

フィクサー

予告を見ていると、もっとなんかスリリングな展開のあるサスペンスドラマかなと思っていたのですが、意外と人間ドラマ的な感じでした。それでもストーリーが良かったので、割とあっという間だった気がする。ただ、人には少し勧めづらいかもしれない。

ジョージ・クルーニーのイメージをオーシャンズ系で思っていたので、ぜんぜんそうじゃなかったのが良かった。

Tags: , , , , , ,

ハチワン!?

最近、フジテレビが多少実験的なドラマをやって、ちょっとずつ人気があがってきている、土曜11時枠。今は、ロスタイムライフってのをやっています。

ロスタイムライフ
http://www.fujitv.co.jp/losstime/

で、この枠の次の内容が決まりました。それが、、、、

「ハチワンダイバー」

って、おい!!

「土11」枠にJUNONボーイ溝端淳平
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2008/03/27/02.html

マンガ原作のドラマ化は今に始まったことじゃないし、昨今そこには「イケメン」を起用しないといけないのも分かる。だからこの溝端淳平さんが、がんばってくれればそれで良いです。迫力ある絵とコメディー要素が必要だと思うから、結構大変だろうなぁとは思うけど。

問題は、ヒロインだ。「仲里依紗(なか・りいさ って読むのか、ナカザトって読んでしまいそうだ)」さんが、「アキバの受け師」をやるのだそうだけど。

えーと、もうちょっと迫力あるグラビアモデル使った方が良いんじゃない?

きっと、演技力ある若手の方なんだと思う。検索しても、結構良い作品に出ているみたいだし。だけど、この作品のヒロインはどうなんだ?原作知っている人は言わんとしていることが分かるよね?

そもそも、これドラマ化できるほど原作進んでいないだろ。とりあえず、続報待つか。

Tags: , , , , , , , ,

千里眼 洗脳試験

図書館本書評第十六回目は、松岡圭祐の千里眼 洗脳試験です。千里眼シリーズの4作目ってことですかね。

今回も8割ために溜めて、残り2割で一気にクライマックス。それにしても、まぁそりゃ無理だろってのがあるのは相変わらず。でも、やっぱり面白いから後半になると一気に読んでしまいますね。

作品のシリーズはこのあともずっと続きますけど、とりあえず一区切りっていう感じになるんですかね。それにしても、現実のドラマや映画の話題をうまくメディアミックスで取り込んでいるのは、ちょっとすごいなぁと思った。

確かに、このころクロレッツのCMに黒木瞳出ていたもんな。

Tags: , , ,

トキオ

図書館本書評第十一回目は、東野圭吾の「トキオ」です。東野圭吾という作家は、もちろん知っていましたが、ドラマ「ガリレオ」で俄然興味がわきました。で、とりあえず図書館にあった「トキオ」という本を読んでみようと。

読み始めたら、なんかしらないけど、どんどん読める。なんじゃこれ。登場人物はそんなに多くないのに、すごい話が膨らんで行くなぁ。基本的にはあり得ないシチュエーションなんだけどね。

んで、最後は思わずウルって来た。とりあえず面白かった、東野圭吾って人の実力は分かった気がする。他も読むぞ。

ところで、やっぱりこれドラマになっているんですね。DVDになっているみたいだから、レンタルできるんだろうけど、どうしようかなぁ。


Tags: , , , ,