1巻から4巻までを大人買いして読んだ時の感想は、「お、これはこの後から盛り上がってくる」っていう感想でした。下地万全という感じで。

で、5巻ですよ。やっぱり盛り上がった。勝った試合だからっていうのもあるけど、そこにたどり着くための作り方が分かりやすかった。「相性」で済ませてみたら、違う視点(本人)にはちゃんと根拠があるとか。次巻も楽しみ。

Tags: