Posts Tagged 大泉洋

映画 清須会議 感想

久しぶりに、普通に人に勧められる映画だ。これは、率直にヒットして欲しい。もう、キャスティングが最高でした。最近の三谷作品っぽく、登場人物多めで、とっちらかるかと思ったけど、監督自身が「コメディは作らなかった」といい、史実であることから、とっちらかることもありませんでした。(ちなみに、ザ・マジックアワーで、うーん、と思ってしまって、ステキな金縛りは見ていないです。)

役所広司は、柴田勝家にしか見えなかったし、小日向文世は、丹羽長秀だったし、何よりも大泉洋が、最高の羽柴秀吉でした。「あぁ、こういうイメージであって欲しい」っていうキャラクターでした。しばらく、これ以上の秀吉は出ないでしょ。

それ以外も、中谷美紀が普段のイメージと違って、はっちゃけていて、良かったなぁ。鈴木京香のお市の方もいい感じだった。作品中の笑いも、ほどほどっていうか、自然な面白さで素直に笑えた。

これは、観て損はないと思います。イケメンの戦国モノではないけど、戦国モノのキャラが生きています。

Tags: , ,

映画 探偵はBARにいる 感想

さて二本目は、本日の本命の一つ。「探偵はBARにいる」です。大泉洋さんのファンとしては、絶対見たい映画ですし、原作も含めて、前評判も上々。率直に見た感想は、大泉洋さんのハマリ役っていう感じですね。シリアス、熱血、お笑いのバランスが丁度いいです。相方の、松田龍平もいい感じですね、トボけた感じを好演しています。

なんとなくですが、映画っていう感じの作品です。2時間できっちり完結するし、主役、脇役、ヒロインとはっきりしているし。でも、公開されたばっかりなのに、ユナイテッド・シネマでのスクリーンサイズが小さかったんですよね。

確かに、何かものすごい特徴的なインパクトがあるか?って言われると難しいんですよね。感想が妙に書きづらいです。地味なんですよね。とりあえず、興味がある人は見て損はないです。でも、個人的にはDVDとかまでを買ってしまうか?と言われると、買わないなぁ。

あ、そういえば悪役の高嶋政伸が途中まで誰だろう?ってずっと思っていました。スタッフロールでやっとわかった感じです。原作はシリーズ化しているのですが、映画もシリーズ化するみたいで、とりあえずもう一作作るみたいなので、楽しみでもあり、不安でもあります。うーん、なんかめちゃくちゃな文章だ。

Tags: , ,

対談集 男のミカタ 感想

松久淳と大泉洋が、ananでやっていた連載の単行本。エッセイじゃないか、対談集なのかな。これは、3年の後半部分で、前半部分が「夢の中まで語りたい」なのかな。そっちも読みたい。
で、大泉洋は文章でも大泉洋だったなぁ。やっぱり面白いや。この本の最後に松久淳が大泉洋に軽く罵倒されることが嬉しいって書いていたけど、まさにそれがよくわかる。そのノリで本が読める。あ、どうでしょうのDVD新作予約しないと。
松久淳の方は今まで全然知らなかったけど、この対談は面白い。AV好きかぁ。ちょっと興味を持ったので、この人の小説も読んでみたいと思った。

Tags: ,